手作りスライムの材料や作り方。息子と色んな色で作ってみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ一年生になる息子が、YouTubeで観たのか「スライムが作りたい」と言い出しました。

色々スライム

工作や創作が大好きな息子。

いつもダンボールや牛乳パック、ペットボトルなどでなにやら作っています。

以前、マーブルアート?に必要とかで洗濯のりを買わされました。

スライム作りには、洗濯のりがいるので、大量に残っている洗濯のりを使えます。

さらに、「ホウ砂」がいる!とのことで、何かわかりませんでしたが、ドラッグストアに売っているとのことで最寄りの「ドラッグユタカ」で購入。

50gで、498円。

まぁまぁ高いです!!

早速息子とスライム作り。

必要なものです。

必要なモノ

洗濯のり、ホウ砂、絵の具、割り箸、水と洗濯のりを混ぜるカップ、水とホウ砂を混ぜるカップ、スライムを作るカップ(蓋付きがおすすめ)、混ぜる道具(割り箸など)、ハカリ

 

まず、新聞紙を敷いてからやった方がいいです!

①水100mlと洗濯のり100mlを混ぜます。

水と洗濯のり

②そこに、好きな色の絵の具を入れてよく混ぜます。

 

③違うカップに水とホウ砂を混ぜます。

水とホウ砂

水50ミリリットルにホウ砂4グラムですね。

 

④色付き洗濯のりのカップに、ホウ砂水を少しづつ入れながら混ぜます。

白

⑤よく混ぜると固まり、スライムのできあがり。

まぜまぜ

赤スライム

今回は、白、青、緑、抹茶色、赤ラメ入り、ゴールドの6色を作りました。

色々スライム

息子が書いてくれましたが、ちょいちょい間違っています(笑)

一年生になるというのに、いつまでも鏡文字を書くので心配です。

ホウ砂水を入れるとすぐに固まってくるので、がんばって混ぜました。

我が家はアクリル絵の具しか無かったので、アクリル絵の具を使用しましたが、食紅なんかでもよさそうです。

水性絵の具の方がキレイに混ざりそうに思えました。

アクリル絵の具を使用したので、スライムを触っていて服に付いてしまったら取れなくなりました。

以前、100均で購入したスライムを息子がカーペットに落として大惨事になったことがあります。

ツルッとしたものだと、スライムがついてもすぐ取れるのですが、カーペットに入り込み、もうグチャグチャ。

なので、作るときも新聞紙などを敷いてからやった方が無難です。

あと、カーペットの上では決してスライムを触らないように約束させました。

息子も思ったように簡単にスライムができて大満足したようです。

こんなに簡単にできるとは私も思っていませんでした。

今度息子のお友達が遊びに来た時に、スライム作り大会をしてあげようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*