小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト に小学生の娘が行ってきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オペラ。

私は今まで一度もオペラというものに触れた機会はありませんでした。

オペラというと、ソプラノ歌手の方やテノール歌手の方のミュージカルみたいなイメージを持っています。

全然違ったらごめんない!

なんと、今日、6年生の娘の小学校で卒業生を対象に「オペラ鑑賞」に連れて行ってくれました。

小沢オペラ

しかも内容が私でも知っている世界的に有名な指揮者の「小澤征爾さん」の音楽塾と言うもので、京都在住の小学生を対象に無料で開催していただけるそうです。

以前、学校の教頭先生が「抽選で当たれば、6年生最後にオペラ鑑賞に連れて行ってあげられるんです!!がんばって当ててきます!」とおっしゃってたんです。

どうやら、教頭先生が当ててくださったんですね!

これはスペシャルギフトですよね。

 

小澤征爾さんは、制作拠点とされているロームシアター京都で、京都の小学生を対象とする「子どものためのオペラ」公演(入場無料!一般公開はないそうです)を開催されていて、どうやら抽選で当たった学校だけ招待していただけるようです。

なんて運がいいの??

ラヴェル:歌劇「子どもと魔法」という演目では、あの世界の小澤征爾さん自らが指揮をされるはずだったのですが、残念ながら最近入院されたようで、デリック・イノウエさんという方に変更になったそうです。

これは残念ですねー!!

それともう一つの演目は、プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」というのをされたそうです。

こちらは、一般公開なしの「子どものためのオペラ」公演ですが、内容は同じかはわかりませんが、ラヴェル:歌劇「子どもと魔法」とプッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」は愛知県と東京でも公演されるそうです。

しかし、すでにその公演の予定枚数は終了したそうです!

こちらの公演、S席はなんと25,000円!

一番安いD席でも8,000円だそうです。

一度私もオペラというものを観てみたいものです。

 

帰宅した娘に今日のオペラがどうだったか話を聞きました。

オペラは外国語だったそうで、英語ではなかった、イタリア語かなぁ?ということでした。

字幕が出るそうなのですが、目の悪い娘はあまり読めず(メガネを持っていくのを忘れて)意味はあまりわからなかったそうですー??

もったいなーい!

しかし、オペラというものがどういうものか貴重な体験をさせていただきました。

小澤征爾さん、抽選で当ててくれた教頭先生、学校の先生方、ありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*