子供が食べる野菜レシピ。手料理のアイデアを20人に聞いてみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親が子どもに確実にできること。

それはやっぱり毎日の食事を食べさせることですよね。

子供野菜レシピ

心身は一体。子どもの体のことを想って作った手料理は子どもの心にも作用するそんな風に思います。

単純に子どもの精神の成長にも影響を及ぼすと思うのは私だけでしょうか。

そんな大切な毎日の食事。でも頭を悩ますのが子どもの偏食です。

その程度には個人差があると思いますが、やっぱり多くの子どもさんには好き嫌いがあります。

周りのお母さん、お父さんに話を聞いてもほとんど確実にありますよね。

幼児から小学生、中学生、高校生…と大きくなってもあると思いますが(もちろん大人も)、特に小さいお子さんは顕著です。

好き嫌いにも色々な傾向がありますが、やっぱりなんといっても野菜です。野菜が嫌いとか特定の種類しか食べなかったり。もっと色んな野菜を食べてくれたら…と願う親御さんは多いと思います。

 

子供さんはどんな野菜レシピなら好んで食べますか?

今回は全国のお子さんをお持ちの親御さんに、子どもさんが好きな野菜レシピというテーマで声を聞かせていただきました。

お子さんの年齢はバラバラですが、20人の親御さんの口コミ情報や体験談が集まりました。

うちの子にどうやって野菜を食べさせようかな…というお母さん、お父さんに。ぜひ参考にされてみてください。

 

子どもが好きな我が家の野菜レシピ

ミートソース
ミートソースにフードプロセッサーで細かくしたピーマン、人参、玉葱、椎茸などをたっぷり混ぜます。(3歳、女の子)

フルーツと一緒に
フルーツと混ぜてミキサーでシェイクします。そのまま飲んでも美味しいし、パンケーキに混ぜたりもします。(3歳、女の子)

ピーマンの肉詰め
ピーマンの肉詰めを甘辛味にするとよく食べます。ピーマン側を下にした時に蓋をして甘辛で煮詰めると、ピーマンがくたっとして苦みが減るようで、これなら食べられると喜んで食べています。(5歳男の子)

ミートソース
ミートソース ピーマン、玉ねぎ、人参など冷蔵庫にあるあまり野菜を細かく刻んで、ひき肉と一緒にケチャップ、ウスターソースで炒めます。(2歳、女の子)

人参とピーマンの豚肉巻き
【作り方】
千切りの人参とピーマンを豚肉に巻いて、片栗粉をまぶします。
フライパンに油をしき、豚肉巻きを焼いていきます。
カリッとなったら、最後に砂糖を入れたオイスターソースを少々絡めて、完成です。(5歳、女の子)

カレー
カレーライスを作るとき、玉ねぎと人参と他の野菜はその時に冷蔵庫にあるものを入れて作ります。キャベツをたくさんいれたカレーは甘くてよく食べますし、夏にはモロヘイヤを刻んで入れたりトッピングしたりして食べてくれます。(5歳男の子)

かき揚げ
かき揚げです。ニンジンやゴボウ、玉ねぎ、レンコンをかき揚げにするとすごく喜びます。(小学6年)

あんかけ
野菜のあんかけです。いわゆる酢豚です。豚肉、ニンジン、ピーマン、玉ねぎの酢豚。味がこってりしているので比較的よく食べます。野菜は少し小さめには切っています。(小学六年 男)

チーズフォンデュ
チーズフォンデュなら自分で選んで自分でつける作業が楽しいみたいで、野菜をたくさん食べてくれます。(3歳、女)


煮込みです。なべにするととろけてしまうので勝手に野菜を食べることになります。大根、ゴボウ、玉ねぎ、キャベツ、もやし、にらなどです。大きく切っても柔らかいので食べてくれます。(小学6年男子)

焼きなす
焼きナスに少々の砂糖を入れたからしを絡めると、食べてくれます。
からしだけだと辛いので、砂糖をいれてみると美味しく出来上がりました。(5歳、女の子)

ポトフ
子供が好きな野菜料理は、ポトフが好きです。よく煮込み、ジャガイモや葉物類等、味をしみ込ませると良く食べてくれます。ポトフのレシピは材料 じゃがいも、人参、大根、キャベツ、玉ねぎ等家にある野菜、ウインナー 作り方は具材ををお湯で煮ます。じゃがいも、人参、大根等固い物から先に入れ、ほぼ柔らかくなったら、ウインナーや葉物類を入れ、コンソメを入れ、少し煮込んだら塩、コショウで味をととのえ、出来上がりです。具材やスープは適量にしております。子供がたっぷり食べ、何食分でも飽きずに食べてくれるので、我が家では、大鍋で作ります。(9歳 女の子)

ぬか漬け
ぬか漬けにすると野菜を食べます。
きゅうりや大根、人参など、生では食べなくても、ぬか漬けにすると食べます。(11歳、男の子)

卵焼きに入れて
葉物が苦手なので、小さく刻んで、シーチキンとまぜ、塩コショウして、卵焼きの具にします。(7歳、男の子)

ポタージュスープ
ポタージュスープにします。
ブロッコリーなども、じゃがいもとまぜ、プロセッサーにかけ、生クリームを混ぜると食べれます。(7歳、男の子)

煮込み焼肉
子供は焼肉が好きです。味がしみ込んだ料理が好きなので、焼肉でも少し煮込むと良く食べてくれます。
材料 豚肉、キャベツ、にんじん、じゃがいも、玉ねぎ等家にある野菜等 適量にしております。作り方はフライパンに油を敷き、豚肉、にんじん、じゃがいもを焼き、少し火が通ったら、たまねぎ、キャベツを入れ、炒め、焼肉のたれをかけ、さらに炒め、野菜の汁が出てきたら、少し煮込み、出来上がりです。(9歳 女の子)

豚汁
子供は小さい頃は、野菜があまり好きではありませんでしたが、成長と共によく食べてくれるようになりました。
とりわけ好きなのは、具沢山の豚汁です。大根、人参、牛蒡、里芋、蓮根、ネギ、を主に旬の野菜盛り沢山で作ります。その中に小麦粉を水で溶いて、すいとんも入れたりしてます。翌日はうどんをいれて煮込みうどんにしたりと 本当に良く食べてくれます。(18歳、男)

ハンバーグに入れて
野菜入りハンバーグです。息子はほうれん草を食べてくれないので、茹でたあとみじん切りにして入れてます。味付けは塩コショウでシンプルにしてカレーやシチューに入れたり、煮込みハンバーグにすると、よりたくさん食べてくれます。(1歳4ヶ月の男の子です)

トマトスープ
子どもは玉ねぎが嫌いです。
ですが、温かいトマトスープに、玉ねぎを入れると食べてくれます。(5歳・女)

鶏肉と一緒に味付け
基本的に野菜を嫌がって食べないのですが、鶏肉が好きなので袋に醤油みりんでそこにキノコ類を一緒に揉み込んで小分けに冷凍しています。野菜にも鶏肉と同じ味が染みついている事が食べやすい要因だと思います。(1歳7ヶ月 女の子)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

皆さん工夫して調理されておられるのが伺えますよね。

ちなみに我が家の定番は具だくさん味噌汁です。

ワカメ、きのこ類、人参を基本にその時にある野菜を入れます。

味噌汁は簡単で最も体にいいと思っているので♪

嫌がりながらもほとんど毎日食べさせています!

お子さんによって嫌いの度合いにも違いがあると思うのでなかなか難しいというご家庭もあるかもしれませんが。

是非ご参考ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*