ハシビロコウってなんや?神戸どうぶつ王国で会ってきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日ハシビロコウに会ってきました!場所は、神戸どうぶつ王国です。

ハシビロコウ

皆さんはハシビロコウってご存知でしょうか?

僕は知りませんでした。最近まで。

ハシビロコウは鳥です。アフリカの一部に住む鳥で貴重で珍しく絶滅危惧種に指定されているとか。

そんななかなかお目にかかれないようなハシビロコウが神戸どうぶつ王国にいます。

で会ってきたので今回はそのレポートを書いてみたいと思います。

神戸どうぶつ王国に夏休みに京都から家族で

先日、家族で神戸どうぶつ王国に遊びに行ってきました。

神戸どうぶつ王国入り口

夏の暑い日です。中学生の娘と小学生の息子の二人の子供が夏休みでどこか遊びに連れて行ってあげようということになり、神戸どうぶつ王国に行こうとなったわけです。

うちの小学生の息子は動物とか鳥、魚がすごく好きで、図鑑とかユーチューブとかで色々とみているので結構詳しいんですよね。

大人の僕が知らないことをたくさん知っています。

神戸どうぶつ王国には色んな珍しい動物がいるということも知っていて、その中にハシビロコウというすごい鳥がいるので見に行きたい!ってなったんですね。

我が家は京都です。神戸までのアクセスはちょうど一日かけて遊びに行くにはいい感じです。遊びに行った~って感じになります。また神戸って雰囲気もいいですし。

神戸どうぶつ王国ってどんなところ?

こちらの神戸どうぶつ王国は神戸ポートアイランドにあります。

神戸どうぶつ王国

あの家具インテリアのイケアの近くですね。隣といってもいいほど。帰りに寄りましたけどね。嫁さんの希望で。

公式サイトを見てみると、子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」関西動物園の年間人気ランキング第一位に輝いています。

動物と触れ合えるタイプの動物園のようですね。

 

入場料は、

  • 大人(中学生以上) 1,800円
  • 小学生 1,000円
  • 幼児(4歳・5歳) 300円
  • シルバー(満65歳以上) 1,300円

となっています。

年間パスポートもあります。大人(中学生以上)6000円です。
一年に4回行けばお得という計算ですね。春夏秋冬とワンシーズンごとに一度訪れるといいですね。

うちは中学生の娘と小学生の息子がいるので、大人三人と小学生一人という形ですね。
1800円×3人で5400円、小学生が1000円なので合計で6400円ということになります。

市立動物園と比べると高いといった感じですかね。

どんな施設なのか、どんな動物がいるのか、イベント情報、アクセスなど、神戸どうぶつ王国についての詳しい情報は公式ホームページをご覧ください。

→ 神戸どうぶつ王国

今回僕はこの神戸どうぶつ王国について予備知識なしで行ってきました。

これも行った後から知ったのですが、こちらの神戸どうぶつ王国は以前は花鳥園という施設だったそうですね。

入口

行ってみると5年目の夏と書いてあったので、おそらく+5年前に改名、リニューアルされたんでしょう。

神戸の花鳥園という名前は友達から聞いたことがあり、楽しめるので行ってみたら?みたいなことを言われたことがあります。

何も考えずに子供のために行ったという感じだったのですが、神戸どうぶつ王国、想像以上に僕も楽しんでしまいました。

ハシビロコウってなに?どんな動物?

ハシビロコウについてどんな生き物かをポイントを抑えて書いておきますね。

ハシビロコウアップ

(こちらは嫁さんが激写した写真です。)

ハシビロコウはペリカン目ハシビロコウ科ハシビロコウ属に分類される鳥類。

アフリカの一部分にしか生息していないとされています。また生息数は減少していて一万羽もいないとか。現在、絶滅危惧種に指定されています。

結構性格とかも繊細で繁殖も難しいんだそうです。

体長はおよそ1.2メ―トル、翼を広げると2メートルもあるとか。

一羽でいることが好きな繊細な性格でそれが繁殖の妨げている理由にもなっているんだそう。

実際に観た印象ではサイズは結構大きいです。1メートルぐらいはあったと思います。
小学2年の息子より少し小さいくらい。

ハシビロコウって動かないの?

ハシビロコウ2
(いました!ハシビロコウです。やっぱりひっそりと佇んでいました。)

ハシビロコウって“動かない鳥”として有名なんだそうですね。

これは大好物の肺魚という魚が空気を吸いに水面に上がって来るのを待っているからだそうです。待ちの姿勢の動物なんだそうですね。

僕は動かないということも後から知ったのですが、現地で観ていると多少は動いていましたけどね。
歩いていたというか。

歩くのも珍しかったんでしょうかね。もしかしたら貴重な瞬間だったのかもしれません。ちょっとわかりません。

息子とハシビロコウ

息子は念願の一緒に記念撮影です。

神戸どうぶつ王国の感想。色んな動物がいて見所が多い!

で、どんな施設なのかとかどんな動物がいるのかとか知らずに行ったのですが予想以上に色んな動物がいて楽しめる動物園でした。

特に期待をせずに行ったのが良かったのかもしれません。従来の動物園とはちょっと違った雰囲気の施設ですね。

動物が結構自由に行き来していいい感じなんです。

可愛さとかがすごく伝わるんですよね。

やっぱりオリに入っている動物ってなんかかわいそうですし、遮られている感じがあるんだなと実感。。

もちろんこちらの動物も制限されたスペースに入れられているんですけどちょっと雰囲気が違いましたね。

印象に残った動物をご紹介します!

フラミンゴ

フラミンゴとすれ違ったり、

キツネザル

キツネザルが真横を横切ったりします。

レッサーパンダ

レッサーパンダはオリに入っていなくて直接見ることができます。こいつがすごくかわいかったです。

なまけもの

なまけものです。すごい体勢で怠けていました。

アルマジロ

アルマジロもいました。アルマジロも直接見ることができました。初めてかも。

カピバラ

カピバラですかね。触れます。ブラシみたいな毛ですね。

カンガルー

野外エリアに行くとカンガルーがいます。前を横切ります。でも日本の夏の暑さがこたえていた??そんな表情を見せていました。

息子

カメラマンになる息子。帰ってからアルバムを作ってくれてラインで送ってくれました。

モルモット

めちゃくちゃにかわいかったモルモット。優しく触ることができます。

植物

あとは植物も見所が色々。

エサ

小魚のエサが自動販売機で売っていてあげることができたり。

他にもまだ色々。たくさんの動物、鳥、植物と見所が満載です。

ちょっと長くなるので割愛しますが他にもまだまだ色々いましたよ。

すごく楽しめる動物園だなと思いました。

子どもが大好きなハシビロコウ

色んな動物がいた神戸どうぶつ王国。

たくさんのご家族やカップルの人たちが来られておられて結構混雑していましたが。家族でのお出掛けやデートに人気の動物園なんでしょうね。

ハシビロコウ3

(息子がタブレットで激写のハシビロコウです。)

たくさんの動物や鳥を見て回りましたが、その中でもうちの子ども達が釘付けだったのがやっぱりハシビロコウなんですよね。見れて喜んでいたというか。

その理由なんですが、上の中学生の娘は今、『SEKAI NO OWARI(せかいのおわり、セカオワ)』というバンドが好きで、そのライブステージにハシビロコウが登場するとか何とか。

それでハシビロコウという鳥を知ったそうで、それ以来気になる動物になったそうです。

ファンだからなんでも好きになってしまうんですね。

あと下の小学生の息子は、『ざんねんないきもの辞典』っていう大好きな本に“動かない生き物”として紹介されていて知ったそうです。

結構色んな所で知る機会があるんですね。いまひそかなブーム?的なものもあるとか。
(詳しいことは知りません。)

何かを考えていそうな顔とか結構怖いですし、素直には可愛いとはいいがたいんですが、結構大きいですしその佇まいは独特の存在感がありますよね。

ハシビロコウのぬいぐるみ、グッズをゲット!

そんなハシビロコウ好きな子供達は、帰りにお土産売り場を物色。

お土産

またお土産売り場が大きくて充実しているんです。

たくさんのグッズやアイテムが売っている中で子供が選んだのがこれです。

ぬいぐるみ

ハシビロコウのマスコット人形?小さいぬいぐるみですね。

マグネットが付いていて冷蔵庫とかにひっつけることができます。

大きさが伝わりにくいですが、手のひらサイズです。

神戸どうぶつ王国限定かな??すごくかわいいです。なかなかいいチョイスかなと。

ハシビロコウのハンドタオル

タオル

そしてもう一つのハシビロコウグッズがハンドタオルですね。

こちらは学校に手拭きとして持って行くでしょう。

おそらく息子の小学校で同じものを持っている生徒はいないかと思います。

 

ハシビロコウに会える全国の動物園

そんな貴重な鳥、ハシビロコウ。

僕は兵庫県の神戸どうぶつ王国で会ったのですが、日本でこちら以外にもハシビロコウがいる動物園ってあるのかな…と思ったので調べてみました。

全国にいくつかありました。最後に書いておきますね。

 

上野動物園(東京)
皆さんご存知全国的に有名な東京の動物園ですよね。上野動物園にもハシビロコウがいるんですね。僕が知らなかっただけで結構有名なようです。パンダのイメージが強いですが負けないくらいハシビロコウって人気があるんだそうです。

のいち動物公園(高知県)
ハシビロコウは現在西日本ではこちらの『のいち動物公園』にしかいないんだそう。四国の高知県ですね。西日本では特に貴重な存在なんですね。

千葉市動物園(千葉県)
千葉県の千葉市動物園にもハシビロコウがいます。首都圏でハシビロコウに合うなら上野動物園かこちらの千葉市動物公園かという感じですね。

掛川花鳥園(静岡県)
神戸どうぶつ王国のような花や鳥や動物に触れあえる系の動物園のようです。ハシビロコウの森があるそうです。地図で見ると浜松市と静岡市の間辺りの掛川市にあります。

伊豆シャボテン動物公園
静岡県は伊豆にもハシビロコウがいるようです。こちらも動物と間近で触れ合える系の施設なんですね。静岡県の伊東市にあります。ビルという名前のハシビロコウがいるそうで、かなりの高齢?なようです。ビル爺さんという愛称があるそうです。

 

※参考にさせていただいたサイト
https://sp.jorudan.co.jp/zoo_aqua/hashibirokou.html

※情報は変わることがあります。正確な情報はご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*