私の痩せた朝食。熟したバナナと無調整豆乳でダイエット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代半ばの中年男性です。

このページでは、ダイエットと朝食について自分の体験談を基に記したいと思います。

朝食

数年前(3年ぐらい前)から体質改善を心がけることを決意して実践していたら、だんだん痩せたんです。

長期間で徐々に落ちていきました。

今、自分的には自然に自分の理想的な体重になったのではないかと勝手に思っています。

80キロから今は70キロくらいです。

最初もしかしたら病気かな…とかも心配したのですが、体調もいいですし健康的に痩せたと思っています。

嫁さんにも、あんた病気ちゃう??とか言われて。

ちゃうわ!とか言いながら、内心ちょっとドキドキしていました。

で健康診断を受けてみたのですが、一応検診の数値では全て正常の範囲に入っていたんですよね。

体質改善をする前より、全体的な数値が改善されていました。

一応、ひと安心ですね。

で、このブログではその中年男が痩せた過程をできるだけ記録に残しておこうと書き記しています。

誰かの参考になればもちろんうれしいです。

 

痩せる?太りにくくなる朝食って?

今回は朝食について書きます。

僕の持論としてダイエットには食事だと思っています。運動ではありません。

運動でも痩せるのかもしれませんが、どちらが直接的に働きかけるのかとい言えば食事です。あくまでも自論ですが。

で、食事でダイエットというとカロリー制限をつい思い浮かべてしまいますが、そうではなくて、“栄養のバランス”と“代謝”だと思っています。

コンビニ弁当

例えば、コンビニのお弁当って800キロカロリーぐらいあると思います。

それと手作りで栄養のバランスを考えて作った800キロカロリーのご飯。同じカロリーのものを食べても体に及ぼす影響って全然違うと思うんです。

カロリーだけで栄養が少ない食事と、新鮮な食材で作った栄養が生きている食事。

前者は代謝を鈍らせます、後者は代謝を良くします、と思うんですよね。

いかに生きた栄養を摂取して代謝を促すか。それを習慣にするか、いわゆる“痩せ体質”になるかですね。

ストレスを感じず、快適に健康的にいきたいですよね。

カロリー制限はストレスがたまると思います。

嫁さんもよく見ています。菓子パンとかお菓子などの食品の袋の後ろに書いてあるカロリーを。

うわ!とか言って。あれはちょっと違うんじゃないかな…と思っていつも見ています。

 

朝食はバナナと豆乳です。

結論から申しますと、僕は朝食はバナナと豆乳にしています。

バナナ

これは皆さんにとっていいのか良くないのかは分かりません。

誰かが同じことをして痩せるのか痩せないのかも分かりません。

自分にとっても理想的なのかどうかも分かりません。

でも実際に体質が改善され(もちろん朝食だけではないですが)、ダイエットも成功しましたし、あと調理の必要もなく手軽で済ましやすいというのも大きいですね。

さらに言うと、スムージーとか野菜ジュースとかを自作すればいいのかもしれませんね。

朝食をトーストとコーヒーとかで済ますことは避けたいです。

食欲は満たされますが、カロリーだけで栄養のバランスが悪いですし、代謝が鈍ると思っています。

完全に自分の体験談と主観なので悪しからずですが。

 

数年前に体調を崩して、体質改善を決意

数年前に体調が優れない状態が続いた時がありまして。

その時にこれはやばいなと、根本的に体質を改善する必要があるなと感じたんです。

ちょうど男の厄年の頃です。

きた~って感じでした。

具体的は蕁麻疹が良く出るようになりまして、慢性化してしまって…。

で色んな事を調べたり実践したり。

薬も対処療法でイマイチ効かない感じで本当に辛かったので、根本的な体質改善、食生活を始めとした生活習慣を見直すことを決意しました。

そのころ80キロぐらいありまして、メタボだったと思います。

身長は180cmくらいです。

だからできれば痩せたいというのもありました。

若い頃の体重に戻したいな…っていう。

 

朝食を抜いたら痩せる?痩せない?

食事も色々試してみました。

朝食を抜いたり。

朝ごはんを食べる食べないでどちらがいいのかっていう論争みたいなのってありますよね。

実際のところどちらが健康的なのかっていう。

朝食はしっかり食べる必要がある派は、食べないと糖質が不足するため午前中に脳が働かないとか、昼に食べたものを一気に体が吸収しようとするから逆に太るとか。

朝食はいらない説は、食べないことによって夕食から翌日の昼食まで食べない時間を作ることができるので胃腸を中心とした内蔵を休めることができる事が大事ということ。

どちらが本当なのかは分かりません。

でも食べなくても頭が働かないとかは感じません。慣れますし。

個人的な感想としては健康にいいか悪いかはよく分かりませんが、朝食を抜いても痩せないということは体験で感じました。

普通一日の摂取カロリーが少なくなるから痩せるかな…と思いますよね。

でも自分の場合は体重は全く減りませんでした。

 

熟したバナナと無調整豆乳

個人的な見解としては、朝食は生ものを食べたいです。

生きた栄養素を摂りたいです。具体的には手軽なフルーツがいいですね。バナナが最高です。

朝食バナナ豆乳

あとは胃に負担が少ないものです。朝食には胃に優しくて消化がいいものが良いと思っています。

朝食に炭水化物のご飯とかパンを避けて、朝ごはんを抜くのではなく、バナナを食べるようになってから変化がみられるようになりました。

数カ月経ってくると、徐々に体重が減ってきたんですよね。

バナナは生のフルーツなので酵素を含有します。そして食物繊維、オリゴ糖も含むそうですね。

これはダイエットに効果的な栄養素ばかりです。

酵素は代謝を促進させます。

食物繊維やオリゴ糖は、腸内環境を整えるといわれています。

腸内環境を良好にするものを毎日食べることは健康に不可欠ですし健康的なダイエットにつながることを実感しています。

発酵食品とかもめちゃくちゃいいと思っています。

納豆、みそ、ヨーグルトなどです。

僕はこの朝食のバナナに豆乳を加えます。

豆乳といえば、大豆たんぱく質、イソフラボンですね。

豆乳はもちろん『無調整豆乳』を選びます。

このコンビネーションが良いような気がしています。体感的に。

本当のところは専門家ではないのでわかりませんが。でも変えるつもりはありません。

僕の朝ごはんはバナナと豆乳です。基本的に毎日です。絶対ではないですが。

どうしても他のものを食べる必要がある時は食べます。

バナナはよく噛んで食べます。できるだけ胃に負担をかけないことを心がけます。

でもダイエット目的で始めても長期間続ける覚悟でないと変化って感じないかもしれませんね。

体質を代えるっていう覚悟が必要なのかもしれません。

目安としては3年くらい。

なんて偉そうに書きましたが、色々やってみてたまたま痩せただけです。

そして太りにくくなりました。体質的に。

たまに暴飲暴食して少し体重が増えても、また2,3日したら元の体重に戻っています。

だからあまり今は体重について神経質になっていませんし、気にしてません。

バナナは最高です。皮をむくだけでそのまま食べることができますし、家に常備しておけます。

携帯して外出もできますし。

あとバナナは熟した方が酵素などの栄養素が倍増するそうなので、できれば熟した状態で。

黄色い皮に黒い斑点ができてきた頃が食べ頃ですね。

あと熟して柔らかい方が消化にいいですし、胃に負担がかからないと思います。

これも大事なポイントだと思います♪

自分の体験談が、誰かにとって参考になれば幸いです。

あくまでも一人の体験談に過ぎませんのでご理解の上で。

他にも体質改善のために実践したことがあるので興味がある方はそちらも併せて参考にしてみてください!

→ 10キロやせた!40代男のダイエット記録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*